小学生の夏休みのお昼ご飯をお母さんがラクして楽しくする3つの方法

4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_s

Sponsored Link

いよいよお母さんには辛い季節、なが~い夏休みが始まりますね!!(笑)夏休みは朝から晩までご飯を作っているような気分になってしまいますよね。

せめてお昼ご飯ぐらいは楽をしたい…っと思いませんか?
母はラクちんだけど子供は楽しい!っと思えるお昼ご飯アイデアをご紹介したいと思います^^

我が家で実際にしている方法なんですが、かなりラクだし、子供達も率先してお手伝いしてくれるので是非お試し下さい!

1.おにぎり屋さん

「さあ!おにぎり屋さん開店するよ!!」の掛け声で始まるこの作戦。

 

用意するものご飯(釜ごとでOK!)

具「(シャケ・卵・シーチキンマヨネーズなど数種類)

百均などで売っているおにぎりを握る道具(これが重要!)

この作戦の醍醐味はお昼ご飯の時間を長くして更に子供に作ってもらいお母さんが楽をする事です^^
もう火が使える小学生には準備段階で卵を焼いてもらったりできるので母はご飯を炊くだけです。

冷凍ご飯をチンしてもオッケーですが、おにぎり屋さんをすると子供のテンションが上がり普段以上にご飯を食べます。なので思った以上にご飯が必要になる事が多いのでできれば多めに炊いた方がいいかもしれません。

成功させるポイント

・「おにぎり屋さん」っというプレミア感を出す事。
ただのおにぎりと思うと子供はすぐに飽きてしまいます。特別感が必要^^

・必ずおにぎりを握る道具を用意しよう!
この道具は絶対にあった方がいいです。100均で色々売っています。低学年だとフリフリできる道具が喜びますよ。

・お母さんは握らず全て子供に握ってもらう。そしてお母さんは他の用事をしながらでいいので「シャケおにぎりとうめぼしおにぎりお願いします!」っと注文しておくと子供は一生懸命作ってくれます。しかも一つ握るのに案外時間がかかるので握っている間に他の用事を済ませる事もできますよ。

・エプロンと三角巾を用意してあげると尚お店屋さんっぽくてテンションUP!

2.流しそうめん屋さん

Sponsored Link

おもちゃの流しそうめん器を購入する必要がありますが、かなり盛り上がります!
以前だとくるくる回る流しそうめんがおもちゃの主流でしたが最近ではすごい流しそうめん器が販売されています!

それがこちらのビッグストリームそうめんスライダー!!

パッと見だけでも楽しそう感がハンパなくないですか?!
このそうめんスライダーはかなり人気商品でただ今品薄状態です。この商品がないとダメって事はないのでくるくる回るそうめん器で十分ですよ^^

 

用意するもの

そうめん

そうめんの具(コーン、カニカマ、たまごなど)

流しそうめんのおもちゃ

この作戦の醍醐味は夏休みのお昼の定番料理のそうめんをいかに楽しく食べるか!!っという所です。
このくるくる回るそうめん器があるだけで子供のそうめん熱はアップする事間違いなし!

もう火が使える小学生には準備段階で卵を焼いてもらったりできるので母はそうめんを湯でるだけです^^

成功させるポイント

・毎回そうめんでそうめん器を出さない事。毎回出てくるとプレミアム感がなくなってしまいます。たまに出してあげるのがポイントです。

・兄弟がいないお子様は仲良しのお友達を呼ぶのも一つの手。1人でくるくるそうめん器でそうめんを食べてもすぐに飽きてしまいます。それは他の人にとられてしまうリスクがない為です。

そんな時は仲良しのお友達を家に呼んで一緒にそうめんをしてみてはいかがですか?

お友達を呼ぶの面倒…っと思う人が多いようですが、友達がいると退屈しないのでゲーム時間も減るし、この家はこんな風にそうめんを食べているんだ!!っとお友達にかなり羨ましがられる事もあります^^子供は「へへへっ」と得意げなもんです^^

家の中を動き回られるとイライラする人は、ご飯の時間以外は「リビングに入ってはいけないルール」を作るといいですよ。
案外小学生になるという事を聞いてリビングには来ないもんです。

 

・そうめんの具を用意してあげると尚特別感が!!
お勧めそうめんの具は卵、シーチキン、ハム、キュウリです。そうめん冷麺って感じですか?ネギは嫌いな子供が多いのでお母さんだけかけてもいいと思います。
大人の人にはナスの素揚げをそうめんつゆに浸した物をそうめんにのせるととっても美味しいですよ。ちょっと生姜多めにすると更においしさUP!

・流しそうめんの難点はけっこう水が飛ぶ事かな?そうめん器の下に小さいレジャーシートを敷くとストレスも軽減されていいですよ。

3.お寿司屋さん

こちらのお寿司屋さんもおもちゃのお寿司屋さんを購入する必要がありますが、案外安価でありますのでお勧めです^^

お刺身を用意すると高くついてしまうので、ここでは卵やカニカマ、コーンの軍艦などのお寿司を作るといいですね。

用意するもの 

ご飯(酢飯にする場合はかんたん酢がおすすめ)

具(卵・シーチキンマヨネーズ、コーンなど数種類)

お寿司屋さんのおもちゃ

この作戦の醍醐味はおにぎり屋さんと一緒でお昼ご飯の時間を長くして更に子供に作ってもらいお母さんが楽をする事です^^
もう火が使える小学生には準備段階で卵を焼いてもらったりできるので母はご飯を炊くだけです。

子供なんで白米で十分ですが、かんたん酢があるご家庭はかんたん酢飯を作ってあげると更にテンションが上がりますよ。

 

成功させるポイント

・お寿司屋さんの時は是非雰囲気を出すためにねじりハチマキにエプロンをしてあげてほしいですね。

・お寿司屋さんもある程度お母さんが注文をしてあげましょう^^軍艦などは作るのに時間がかかるのでお勧めです(笑)

・手巻き寿司と違って本当にお寿司が出来上がるので、できればテーブルに対面に座ってお寿司屋さんごっこを一緒に楽しんであげて下さい。

 

まとめ

いかがでしたか?この3つを一週間に一度してあげると子供はかなり喜んでくれます^^後片付けが面倒…っと思われるかもしれませんが子供参加型でご飯を作るとよくお手伝いしてくれますよ。小学生になるとどんどん親子のコミュニケーションが取れなくなってくるので積極的に子供とコミュニケーションを取ってみて下さい。

長い夏休みの退屈な日常を打破できるのではないでしょうか?高学年のお子さんだったら、全て用意してもらって食べさせてもらうのもいいかもしれませんね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。