【ブラックペアン】ドラマ5話ネタバレあらすじ 小春の再手術! 手術ロボットダーウィン?

今週のブラックペアンは、前回に続き島野小春(稲垣来泉)の心臓の手術のその後のストーリの展開だった。

だがまた新しい機械が実験的に導入され、

そういった機材がどう今後の医療に携わって行くのかの人々へのお披露目的な展開となっている。

そのあたりを含めブラックペアン5話の見どころをご紹介します。

 

Sponsored Link

論文が白紙となる危機を前に

 

西崎教授(市川猿之助)のポイントを上げるためにスナイプ手術で行ったコハルちゃんの治療。

そこには、地位や名誉を考えずただひたすら患者の命を救いたい一心の高階教授(小泉孝太郎)の姿があった。

いつも悩み苦しみながら、それでも患者と向き合う。それが高階先生の医師としての態度。

前回のスナイプによる手術自体は成功している。

しかしその時にスナイプを通すために通った患部の炎症が始まり、そのままにしておけば、

命の危険がある状態へと進行していることに気が付いたのは渡海先生(二宮和也)のあとのこと。

にもかかわらず、西崎教授は論文の成果そのものでの自分の地位があがったことにより、

一旦小春ちゃんを退院させ、症状が重くなってからまた病院に来させようと

患者の立場を全く考えない自己中心型になっている。

そんな大学病院は、いわば患者を自由に操作できる場所。

ここは、医師という軍団であり、その前に上に上り詰めるためにはどんな手を使ってでもやる。

そんなところだ。

そういった中でも、より上に上がりたい医師ばかりの集まりといっていい大学病院に嫌気がさすと

町の病院に勤務するか、開業医となる。

みんながみんな野心家で上を目指すわけではない。

だから街の中に医院がたくさん存在している。

しかし、日本の頭脳が終結したような大学病院での勢力争いには、

一般の人が考えも及ばない程の熾烈な競争が待ち受ける。

その中で上り詰めた西崎教授は、ある意味、

あらゆる手段を使って教授になった医師の中の医師としての勝者なのである。

その西崎教授の論文が日本外科ジャーナルにあがり、ポイントが成立した今。

コハルちゃんの炎症は、とにかく厄介なもの。

それを何とかするには、小春ちゃんを切り捨てることしか頭にない。

だが長年、ずっと担当医をしてきた高階先生にはそれができない。

おそらく自分の方向を見いだせない高階先生のそんな姿はそろそろ変化し始めるでしょう。

高階先生が求めるものそれは「患者の命」そのもの。

地位や名誉には関係なく最先端の治療ができるはずの大学病院での医師としての使命感はそこにあった。

だが、徐々に権力争うばかりをしている大学病院に嫌気がさし始めてくる。

それはおそらく東城大学で渡海先生という、型破りな医師の姿を見たことからの影響が大きい。

そして論文を書いて上に従うだけでは、人の命は救えないのだということに気が付き始めるのです。

 

人間の外科医はいらなくなる~ダーウィン

 

ダーウィンの「進化論」にもあるように、スナイプを始め、次にダーウィンと、

これまでの人間の手の技術だけに頼っていた外科的手術が

機械に取って代わる時代がくることを感じさせる展開として紹介しているようだ。

ダーウィンは、複数のロボットアームを遠隔操作することによっての手術。

その精密な動きは人間の手を大きく差をつけほとんど出血も傷跡も残らない。

今では、内視鏡という手術の方法が多くの場所で一般化されているが、

その内視鏡にコンピューターを加え、さらに精度をあげたものがダーウィン。

ダーウィンが成功すれば、開腹手術では考えられない程の短時間での手術、

そして術後の回復の速さなど画期的なものとなりえる。

しかしまだ試験段階のダーウィンには、

やはり突発的なトラブルに対応できる能力は備わっているとは言えない状況。

何かが起こる度に手術室はピンチ結局渡海先生が従来の術式でおこなうというのがこれまでなっている。

今回もこはるちゃんがまだ幼児だということを推定し

シュミレーションを怠ったために起きたアームの動きが効かないというトラブル。

どんなに機械そのものが精密にできていたとしても、どうしても突発的なアクシデントに対応できない。

それが今の状況と言えるだろう。

しかし大学病院で始まったダーウィンを使う手術方法は

今後の日本の外科手術を大きくかえていくことには間違いない。

 

そろそろニノも反撃開始

 

佐伯教授にペアンの入った胸部のレントゲン写真の画像を送りつけた渡海先生。

そろそろ反撃にでる体勢に入ったようだ。

が、しかし次の回にて母親が運び込まれるという予告を見ると、

自分の描いたシナリオが変わる可能性がある。

ペアンとは、手術の時にある場所に血液が流れ込むことを抑えるピンチのようなもの。

それが普通の銀色で出来たペアンではなく、佐伯教授だけがブラックのペアンをつかっているのは、

そこにあのレントゲンに映し出されたペアンがあるからだろう。

佐伯教授は、そのためにオリジナルの自分のペアンをわざわざチタンを使った特注の黒で作り

それをあたかも佐伯式の象徴のように仕向けている。

これまで、ずっと佐伯教授のもとでひたすら技術を習得することだけを目的とし、

反撃の時をうかがっていた渡海先生にとって、

あのペアンを見る度に決意を新たにしていたことには間違いない。

そしていつも一緒にいる「ねこちゃん」も、もちろん渡海先生の父親の死の秘密を知っている人物であり、

自身もそのことに疑念を抱いて仕事をしているように見える。

ゆえに渡海先生との一体感は、できのいいナースとしての域を超え、渡海先生側につく人間だ。

 

いよいよ始まる、最後に

 

渡海先生のとっての医師の父親は、おそらく自慢であり、

自分の目指す目標のような人物だったに違いない。

それが佐伯教授によって追い込まれたことで死に至ったことは、

あのこれまでの渡海先生のすさんだ態度からも想像がつく。

もともとは、普通の人間だった人物をああいったふうに変えてしまう、ペアンの事件が気になるばかりだ。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。