【ブラックペアン】ドラマ4話ネタバレあらすじ『論文の行方とスナイプの今後、そして高階先生の信念~第4話~』

前話において、高階先生によるスナイプ手術と緊急オペとなった渡海先生の同時スナイプ手術が成功した。

これにより東城大学は、全面的にスナイプの導入を決断。

佐伯教授の佐伯式を医師に推奨することをやめ、大幅にスナイプ手術へと舵を切った。

そんな中、小さな女の子が帝華大学から東城大学へと転院してくる。

実はその女の子がスナイプを日本にもたらすきっかけとなった患者だった。

 

Sponsored Link

どうしても助けたい命

 

もともと帝華大学で西崎教授の下で働いていた高階先生が、

スナイプを導入するためにわざわざ一人で東城大学にやってきたのには理由があった。

それは、自分が帝華大学で担当医として生まれて間もない頃からずっと見て来た

ひとりの女の子を元気にしてあげたい、ただそれだけだった。

女の子の病気も心臓にある僧帽弁に穴が開いている事。

そして女の子の特異な体質により血液が止まりにくく開腹手術ができない、

そのために生まれた時からずっと不自由な生活を強いられていた女の子だった。

その子を救いたい一心で、あらゆる医療を研究し、やっと見つけたのがスナイプだった。

それゆえどんなことがあってもスナイプを確立させるのが自分の医師としての責務と感じていたのが高階先生。

ここでやっとどうして東城大学へ一人でやって来たのか理由が判明する。

高階先生は、渡海先生とは、何もかもが真逆。

今の段階での渡海先生は、アウトローとしてとにかく「悪魔」を好きなだけ演じ切っているように見える。

おそらくそれは「別の顔」なのだろう。

しかし高階先生は、とにかく真面目そのもの。

手術が決まれば寝る間も惜しんでシュミレーションに打ち込み、そして論文のこともしっかりと進めている。

こんな実直な先生がいたら思わずその先生に見てもらいたいと思うほど誠意がある。

ただ1つ難を言えば「優しすぎて、迷う」

そのことがあだになっている事ばかりがめだってしまっている。

それもこれからおそらく変わっていくはずだ。

そんな高階先生と渡海先生が一緒に手術を行うことで女の子の手術は成功し、これまでの苦労がやっと実った。

ただ、ここにも木下香織の策略があることは間違いない。

スナイプの設計図を渡海先生に渡し、それを改良する手伝いまでしている。

このことで手術がスナイプ手術の変形型の方法で成功にみちびくのだが、

そんな木下香織は、一体だれに付くのが一番の利益になると考えているのか。

もしくは、個人的に渡海先生のような恨みを持ちながら、接触してきているのか今の段階ではわからないが、

とにかくなにかしらの裏があるのは確かだろう。

 

【スナイプ手術の論文の行方】

 

スナイプ手術を成功させ、東城大学がスナイプ手術に大きく傾いたことで、

一番不利になったのは、間違いなく佐伯教授だろう。

佐伯教授が生み出した「佐伯式」によってこれまで日本全国の患者が東城大学へとやってきて、

その順番を待つほどの成果を上げていたからだ。

というのも佐伯式で手術ができるのが日本で2人だけ。

佐伯教授本人と渡海先生だけしかいなかったからだ。

どんなにいい術式で、それを行えば助けられる命があるとわかっていても、

肝心の医師がその技術を習得できなければ何の価値もない。

それに比べ、まだまだ完全な成功段階に入った術式とは言えないが、

スナイプを使えば、どんな医師にでも僧帽弁の手術が可能となる。

わざわざ日本の果てからやって来る必要も開腹後の長さも感染のリスクも格段に低くなる。

これからの医療がどちらに傾くかは歴然としている。

だが、これまでの論文においても佐伯式での論文しかない佐伯教授にとって、

今回のスナイプ手術の論文が完成し、最後に記載する名前が西崎教授になってしまったとしたら、

もう佐伯式では「古い」という世代の波がやってくることを佐伯教授自身が痛感していた。

ゆえに、時に高階先生を呼び出し、自分の名前を書くように言い寄るようになっていく。

佐伯教授にとって僧帽弁形成手術の権威である自分が、新たな方法を見つけ、

それを発表したというシナリオができてしまっていたからだ。

そんな脅しにも思える佐伯教授の振る舞いの中で日本外科ジャーナルは、ついに発表される。

そして最後に書かれた名前は西崎教授の名前だった。

そう、高階先生は西崎教授を選んだのだ。

 

高階先生と渡海先生がいよいよ動き出す

 

論文が発表された時点で、高階先生が佐伯教授に対して何かしらの疑念があるのかはわからない。

ただ、やっと渡海先生が「佐伯教授を信じるな」というセリフがある。

スナイプ手術を断ったことで逆鱗に触れてしまった渡海先生がいよいよ反撃にでるサインだと言ってもいい。

渡海先生の意味することのすべてを高階先生が理解しているとは思わないが、

この先東城大学でやっていきにくくなるのもおおよそ察しがつく。

その時に渡海先生との連帯感のようなものも生れるのではないだろうか。

そしてこれまで「悪魔」のように見ていた世良先生の目からも渡海先生の気持ちが覗けそうだ。

いよいよ次回は、またまたあたらしい最新式の医療器具のダビンチが手術室に導入される。

渡海先生がどうしてダビンチが使えるのかも気になるところだが、そこは木下香織の策略だろう。

 

まとめ

 

機械による僧帽弁形成手術は、すでに一般に広まっている。

だがダビンチは、その大きさからもすでにロボットそのもの。

これからの新しい医療にとってかわるものとなるだろうが、

そういった次世代の医療の形に近づけそこでの人間模様を描いた作品は、

今回の「ブラックペアン」が最初かもしれない。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。