あなたのことはそれほど最新5巻原作ネタバレ・感想!涼太がやっぱり異常で怖い!

4巻では、美都の妊娠疑惑で、有島の子供でも自分が父親になるという涼太に恐怖を抱きます。

一人、アパートを借り、涼太の元から出て行った美都でしたが、妊娠検査薬の結果陰性

一方、有島は罪悪感から麗華に不倫していたことを話しますが、

麗華は有島に謝らせることもしません。

有島が仕事をしているうちに荷物をまとめてというところで4巻が終わりました。

 

美都と涼太、有島と麗華この二組の夫婦の形が変わっていきそうな5巻のネタバレです。

ドラマの「あなたのことはそれほど」もかなり話題になり、

原作ファンのみならず、ドラマファンも注目の最新巻。

 

ここからはネタバレがありますのでご注意下さい。

あなたのことはそれほど4巻原作ネタバレと感想はこちらから↓

あなたのことはそれほど4巻原作ネタバレ・感想!妊娠と涼太の異常な愛を考察!

2017.04.04

 

section20

 

『おか~さ~ん、おか~あさ~ん』

小さな女の子が母親を呼んでいます。

 

布団の中で寝ている母親。

お腹がすいたという女の子に、ごはんがあるからふりかけでもかけて食べろといいます。

 

『きいろい かたい』

 

ご飯がかたくて黄色くなっているのか…かなり酷い母親なんですが。。

 

ご飯を食べている女の子に、母親は

『よくさ子供は親を選べないっていうじゃない?アレね違うんだってよ

選んでるんだってよー。アンタはあたしを選んできたんだってよ

あたしのところに来たかったんだバカだね~』

 

母親のほうをを見る女の子。

『なににらんでんのバーカ。。いいかお前、生まれてきたからには自己責任だよ』

 

アパートの部屋で目を覚ます美都。

 

今のは、美都の小さい頃の夢かな?

 

床に落ちている妊娠検査薬を見つめます。

(どうやらわたしは選ばれなかったらしい)

 

コンビニでコーヒーを買って、歩きます。

 

(なにあの夢、久々じゃない?てかあんな夢みたことあったっけ?てか、あれは誰だっけ?)

夢に出てきた母親の顔を思い出します。

 

(母さんだよね?  いや、私か?あれは私か?)

美都…だいじょうぶか?なんか壊れきてる?

 

美都は、あのまま妊娠し、選ばれていたら夢にでてきたような酷い母親になるところだったと考えます。

 

自分は期待していたのか?

子供がいたらなにか道が開けていたのか?

あわよくば、有島君とまたどうにかとか?

 

この期におよんで、まだ有島…

美都怖すぎる…!!

 

子供を武器に一生付きまとうか?さすがにそれはないわ怖いわー

怖いってことが自分でわかってて良かった。笑

 

結果子供なんて出来てないし、はい、この中空っぽです

選ばれなかったのよ

公園のベンチに座る美都。

 

(選らべよ 選べ 選べ 私を選べ)

 

何度も足で地面を踏みつける美都。

 

怖い…やっぱり壊れてきてるよ美都さん…

 

子猫を見つけ、蹴るか、捻りつぶすか、持ち去るかと考えます。

 

怖い怖い怖い!!!

 

(どれもしない どれをしたってわたしがひとりなのは変わらない)

 

一人なんだとわかり、選ばれなかったんだと泣く美都の頭に涼太の顔が浮かびます。

(あいつ…ほんとにしつこい 唯一わたしを選んだあいつ)

Sponsored Link

section21

落ち込んだ顔で仕事をしている有島。

帰ろうとすると、同僚の小川さんの送別会があると引き止められます。

 

寿退社する小川さんの話で盛り上がります。

子供の話になり、「私はもういつきてくれてもいいんですけどね」と話す小川さん。

「赤ちゃんって自分で選んで生まれてくるっていいますよね」

 

その言葉に有島が食いつきます。

有島「それほんと?」

小川さん「姉の子供が2歳のときに言ってました」

【あのねーみうちゃんねー
パパとママがすっごくやさしそうでおもしろそうだったからー
ここにするーってビューってとんできたの】

その話を聞き、感動する有島。

 

あこしゃんのことを考えてるな…そんなに大切なら不倫すんなやー!

 

LINEをチェックしますが麗華からの返事もなく、既読もつきません。

 

有島が家に帰ると部屋の中は真っ暗。。

電気をつけると【実家に戻ります】と書かれた置手紙がテーブルにおいてあって…。

 

「あ――――――っ」頭をかかえて、車へ向かう有島。

 

「だめだ!酒飲んだ!」

電話をかけると麗華が出ます。

 

有島「迎えいくから!今から電車乗っていまから駅…」

麗華「あせりすぎでしょう。せっかく出てきたのに」

有島「せっかくってなんだよ」

麗華「私真剣に考えたんです。なのに今のあなたに勢いだけで迎えにこられてもとても帰る気にはなりません」

 

麗華の敬語が怖いからやめてくれと言う有島に、怒ると敬語になってしまうと返す麗華。

麗華「私が怖い?」

有島「怖い…です。いなくなってしまうことが怖いです」

そんなに大切なら不倫すんなやー!!(←二回目)

 

有島と電話をしている麗華の話を聞いていた麗華の母は厳しすぎないかと麗華に言います。

 

麗華「今の私と一緒にいるのはあっちも辛いんじゃないかと思って息抜きというか、頭を冷やす期間をあげたのよ」

母「ふぅ~ん。おまえはいつも冷静で正しいねぇ。光軌さんも大変だ」

麗華「悪いの?正しいことは悪いの?」

 

麗華は正しいんだけど、なんというか、それが怖い…

 

有島が落ち込み座っていると美都から電話がかかってきます。

 

美都(あ 切られた?でしょうね)

妊娠騒動の話を有島にしようとして電話をかけた美都。

一人で焼肉を食べています。

(生きてやる 食って食って食って)

 

そこへ涼太からLINEが。

 

美都の身体を心配している内容。

美都は、妊娠していなかったこと焼肉を食べていることを涼太にLINE。

 

僕も一人でがんばろうと思います。

みっちゃんくれぐれも身体には気をつけて

 

離婚届郵送してくれたら出しておきます。ではお元気で

 

涼太からの思わぬ内容のLINEに驚く美都。

 

有島は、麗華の祖母が入院している病院へ麗華と亜胡に会いに行きます。

 

麗華「仕事は?」

有島「休み」

麗華「なんで 昨日私が言ったこと聞いてなかったの?」

有島「俺言ったことは聞いた?」

 

麗華に抱っこされた亜胡が有島に手を伸ばしますが

麗華は亜胡を抱いたまま背を向け、荷物を持とする有島を冷たく拒絶。。

 

有島「…なぁ 俺はばい菌か?汚らわしいか?」

麗華「そう みえた?」

有島「自分でも ちょっと思って いやなんてゆーかあの、あこしゃみてると」

 

「―――そうならそうなんでしょうね」

 

暗い表情になる有島。

 

「麗華!ごめん悪かった 反省してるどうしたら許してくれる?」

 

土下座でも何でもするといった有島に

そんな情けないことしたら絶対にゆるさないという麗華。

 

また、有島の表情が暗くなります。

 

「帰ってください。今は離れていたいんで さよなら」

 

そりゃあ、麗華からしたら土下座なんてされてもね~。

 

許せることではないよね。謝られて、許せるほど簡単じゃないもんね。

 

落ち込み、家に帰る有島。

隣に住む奥さんが大丈夫かと話しかけてきます。

Sponsored Link

section22ネタバレ

22話は美都と香子の学生時代の話。

 

「おはよう」美都が香子に挨拶します。

香子「おはよう」(ん?誰だっけ?みゃーみゃーした名前の…)

 

香子が考えていると、美都が女子から呼び出されます。

「ちょっと来てくれる?」

 

なにやらヤバイ雰囲気…。

美都が人の彼氏をとった、とらないの話で揉めています。

 

それを聞いていた香子が拍手!!

 

 

美都、かなり強気な女の子ですね~。

言ってることもかなり正論。

 

そこから、美都と香子は仲良くなります。

 

好きな人はいる?っと美都から聞かれた香子は

今はいないと言いますが

美都は5組の有島くんの事が好きだと言ってきます。

 

(この子って特別美人でもないけどモテそうかも)

でも無視されてるってww

きたきた有島。

仲良くなりたての友達にもすぐ話ちゃうのねw

笑って話す美都。切ない。初めての経験をしたあとだもんな~

 

高校生になった美都と香子。

歩いているとナンパされ、香子は無視して歩いていきますが、美都はまだ捕まっています。

 

「ちょっとぉ!」と美都をひっぱり歩く香子。

香子「なについてこうとしてんの。あぶないよあんなの」

美都「ごめーん。へへ。 …って…たから」

香子「え?」

美都「なんでもな~い」

 

大人になり、男と別れた香子。

平気な態度で彼氏と別れます。

一緒に飲んでくれた美都の姿を思い出しながら

一人で焼肉を食べている美都をお店の外から見ている香子。

 

(「だって似てたから」―――って言ったんだっけなあの時。…っとにどんだけバカなんだ)

↑ナンパしてきた人が有島にねw似てたんだって(笑)

香子は昔から美都のこんな所がうんざりしている…?

⇒次ページに続く!!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。