キスマイ宮田俊哉ラブライブオタクすぎ!イケメンだけどプルシェンコにも似てるね

ジャニーズのファンとは明らかにその趣向も何もかも違いそうなのがアニメファン。

そんな2つの違った趣味の世界を繋げているといってもいいのが宮田俊哉さん。

ジャニーズだからといって隠すこともなく「アニメオタク」を公言しています。

そんな宮田俊哉さん自身もたくさんのファンを持つKis-My-Ft2(キスマイフットツー)

のメンバーの一人です。

そんなちょっといままでにいなかったジャニーズの宮田俊哉さんをご紹介します。

 

Sponsored Link

宮田俊哉と言えばラブライブ

 

宮田俊哉さんが、その「オタクぶり」を始めてテレビで披露したのが2013年の頃です。

当時ダウンタウンの番組でKis-My-Ft2としてトークに出演した宮田俊哉さん。

その時にダウンタウンから「お前オタクなん?」と聞かれます。

すると宮田俊哉さんは「はい、ラブライブの大ファンです!」とキラキラとした目で答えます。

それからまたダウンタウンに「へーどんなの?」という展開から

前に出てラブライブの「ワンダフルラッシュ」のサビの部分をそれはもう嬉しそうに踊り出しました。

そしてあまりに入り過ぎてメンバーの横尾さんに連れていかれるところで終わるのですが、

宮田さん自身は、かなり満足気です。

その時に自宅のアニメグッズの写真も一緒に公開されていますが、まさに本物の「オタク」です。

そして本人もアニメグッズを買うたびに画像にあげ、触って楽しんでいる姿をアップしています。

その「オタク」ぶりは、何かのアニメイベントに行くと目撃されるようで、

あまり変装もしていない宮田俊哉さんの素の感じで映っていることがよくあります。

そのことをジャニーズ事務所ではあまりよく思っていないことから

「イベント出入り禁止」の通達が出たほどです。

そんな中でも宮田俊哉さんは、あるイベントの時に東京が大雪に見舞われ、

諦めるラブライバーが多かったイベントにもしっかりと参加していることさえありました。

ということでイベント出入り禁止は、少しの期間だけであまり効果がなかったようです。

あの世代で「ラブライブ」を好きだった男の子も女の子のとにかくたくさんいます。

それは社会現象といってもいいほどでした。

その「ラブライブ」が今年で15周年を迎えます。

なのでまた宮田俊哉さんも「オタク活動」が活発になることは間違いないでしょう。

 

本当はイケメンジャニーズ

 

宮田俊哉さんというと、今では「オタク」というイメージがついているキャラクターですが、

よくみるとやっぱりアイドルです。

スチール写真は、見事にジャニーズですし、また顔立ちもイケメンで、身長が172㎝です。

さらに宮田さんは、3人兄弟の真ん中です。

ネイリストのお姉さんがいるのですが、仕事柄、写真に載っていることもあります。

そんなお姉さんは、2017年10月25日に放送したCDTVのハロウィンスペシャルの時に仮装して登場した

「ラブライブサンシャイン」の「黒沢ルビイ」にそっくりの人でした。

また本人は、フィギアスケートのプルシェンコに似ているとファンの中では、もっぱらいわれています。

二人とも特徴は、わりと大き目の鼻です。

その鼻の感じが似ていることが共通点となっているようです。

 

キスマイの中での宮田俊哉

 

宮田俊哉さんは、1988年9月14日神奈川県出身の29才です。

そして東京都の東洋高校から国士舘大学政治経済学部経済学科を卒業しています。

ここであれ?と思いませんか?

そう東洋高校といえば、同じくジャニーズの平成ジャンプの伊野尾慧さんと同じです。

伊野尾慧さんが2才下ということですから宮田俊哉さんが3年生の時に伊野尾慧さんが1年生という

先輩後輩の関係となります。

それにしても東洋高校は、なかなか大変な進学校です。

そこでジャニーズジュニアとして活動しながら大学に行き、

デビューに繋がって行くとなると相当の努力の人と思われます。

ちなみにメンバーの藤ヶ谷太輔さんは、明海大学を卒業しています。

 

「逃走中」発言で炎上

 

Twitterも炎上するほどの大騒ぎとなった番組「逃走中」。

ここでも宮田俊哉さんのゆとり発言は火種となっています。

「逃走中」は、生き残ることで賞金を獲得するサバイバルゲームのようなもの。

それに参加しておきながらぼそっと「あとは任せた」のような、

なんとも戦闘能力のなさそうなことを言ってしまいます。

それを見ていたファンや他に出演していたジャニーズのファンから

「ゆるすぎる」「やる気がない」とクレームがつく事態になりました。

どうみても宮田俊哉さんのタイプから言って、前へ前へ行くタイプとは思えません。

ですがここは番組での仕事です。

しかもオタクでもジャニーズです。

ファンはそういった「かっこいい部分のジャニーズ宮田俊哉さん」を期待していたことから、

こういったつぶやきに発展してしまいました。

 

まとめ

 

宮田俊哉さんは、数多いジャニーズのメンバーの中では、唯一の自称オタク系ジャニーズです。

ですのでKis-My-Ft2での活動がメインになるのは当然のことなのですが、

他にも舞祭組の活動も併せ持っていますから、アニメにゆっくりと浸る時間はあまりないかもしれません。

それでもアニメを愛してやまない、ゆとりの宮田俊哉さん、

個人的にはアニメの分野でも活躍の場ができればおもしろいのではと想像したりします。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。