木南晴夏と玉木宏が結婚した理由は?「たくさんタコパしたい」?

6月26日に最終話を迎えた「花のち晴れ」において、恋に破れ落ち込む二人、

 

愛莉とメグリンをやさしく迎えるおねえさん的役の「紺野さん」で

 

ひときわ存在感を出していた木南晴夏さん。

 

ですが、それ以上に驚いたのは、最終話があるその前の週に木南晴香夏さんの結婚報道がされたことです。

 

しかもお相手は、あのイケメン玉木宏さん。

 

どこでどうなって二人が結ばれることとなったのか、かなり不思議です。

 

木南さんはインスタグラムで二人の入籍を

 

「幸せな家庭を築き、たくさんタコパしたいと思います。

 

どうかこれがメレブのくだらない呪文のおかげではありませんように。」

 

と幸せいっぱいで報告しています。

 

その木南晴香さんの意外なところを紹介します。

 

Sponsored Link

木南晴香プロフィール 女優を目指すきっかけは?アイドルしてた?

 

1985年8月9日大阪府豊中生まれ。所属事務所はホリプロで姉の木奈清夏さんも同じく女優さんです。

 

木南さん姉妹は、幼い頃、宝塚歌劇団の「ベルサイユのばら」を見たことをきっかけに、

 

家でもずっとベルばらごっこを二人でするような姉妹でした。

 

そんな小さい頃みたベルサイユのばらから女優という職業に興味を持ったのでしょう。

 

2001年の第一回ホリプロNEW STAR AUDITION でグランプリを獲得します。

 

この大会は夏の高校野球のPRをするためのマスコットガールを選ぶコンテストで、

 

その後数年は、アイドルとしても活躍しています。

 

それから2004年より、本格的に女優の道を歩き始めます。

 

ブサイクと言われてショックを受ける

 

小さい頃からベルサイユのばらがあこがれだったこともあり、木南晴夏さんの中には、

 

主役の中心的人物が一番素敵で、人からもブサイクといわれてしまう自分は、

 

主人公のそばにいる脇役に徹することにとても辛い思いをしていました。

 

その理由の一つに、子供の頃から習っていたクラシックバレエの教室で

 

偶然同じレッスンを受けていた人物に女優の相武紗季さんがいます。

 

彼女は、やはり主役をする人。

 

それに比べて自分は添え物のような脇役ばかり。

 

そんな葛藤を持ちつつも女優を辞めることができなかった木南晴夏さんの気持ちに

 

変化をもたらす作品に出合います。

 

それが2009年の大ヒットとなった20世紀少年です。

 

ここでの役柄は、カンナ(平愛梨)の友達役です。

 

その小泉響子役で「原作とまったくそっくり」「似すぎ」と高い評価を受けます。

 

そのことで木南晴香さんは「バイプレーヤーも大事な役なんだ」という気持ちが自分のなかに生まれ、

 

そこからはこういった脇役をしっかりと演じる女優になっていきます。

 

そんな木南晴夏さんは、コードブルーや昼顔でも

 

出番が主役級の人に比べると圧倒的に少ないことが多いのですが、

 

それでもかならず「あの女優さんは誰?」と話題になるくらい見る人に印象を与えます。

 

玉木宏さんと結婚が決まる

 

玉木宏さんが結婚するというニュースにも驚きましたが、

 

お相手が木南晴夏さんであることにも日本中が驚きました。

 

玉木宏さんは、最後の大物独身俳優として有名で、

 

まさか電撃的に結婚報道がでるとは誰も思っていなかったのではないでしょうか?

 

ですが、二人は、前年にドラマで共演をしている間柄でした。

 

その木南晴夏さんが気になったのもわかります。

 

というのも、木南晴香さんは、何に対してもかなりの努力家で、

 

語学は英語と韓国語、そして料理も達人レベル。

 

さらにパンの検定であるパンシェルジュ検定2級もお持ちです。

 

そんななんでもとことん頑張る木南晴香さんが、韓国語も堪能なことで

 

韓国人なのではという噂がでるほどです。

 

韓国語は、役作りのために語学学校へ通うほどでした。

 

なので、インスタのコメントにもハングルが表示してあることもあります、

 

そのあたりで思う人もいたのかもしれません。

 

でも木南晴夏さんのすごさは、本当はこれだけでは収まりません。

 

そんななんでも身に付けようとする努力家の木南晴夏さんのことが

 

玉木宏さんには素敵に見えたのでしょう。

 

最後に

 

主役の人がどれだけすごい人でも、その周りを固める俳優陣がしっかりとしていなければ、

 

そのドラマや映画は成功しません。

 

そんなバイプレーヤとしての役割を力いっぱいこなしている木南晴夏さんだからこそ、

 

玉木宏さんとの結婚にも祝福がたくさん起こりました。

 

木南晴夏さんは、これからもバイプレーヤーとして作品になくてはならない存在でいると同時に

 

よき玉木さんのパートナーとしてしっかりとした人生を歩んでいくでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。