芦田愛菜の親や一族がすごい!中学受験はどこ?身長伸びた?

「あしだまなだよー」と、キラキラした目で

 

かわいらしいお人形のような女の子がいました。

 

女優の芦田愛菜さんです。

 

その芦田愛菜さん、まだ14才です。

 

だからこの世に生まれてからたった14年しかたっていないということですよね。

 

にもかかわらず、小さい子役の時からの天才ぶりには、

 

他の子役との圧倒的なレベルの差を感じさせるものがありました。

 

でも芦田愛菜さん、自分自身もすごい才能でここまできましたが、

 

芦田愛菜さんを取り巻く世界は、実に驚くことばかりです。

 

そんな実はすごすぎる芦田愛菜さんを改めてご紹介します。

 

Sponsored Link

芦田愛菜はゴミ捨て場のゴミ袋から出て来た!

 

2010年(平成22年)、テレビドラマ「Mother」で両親から虐待を受け、

 

挙句にゴミ収集所のゴミ捨て場に捨てられてしまった芦田愛菜さん。

 

そこに通りかかる教員をしながら生活している松雪泰子さんが見つけます。

 

何か動く気配を感じた松雪泰子さんがそこで芦田愛菜さんに出会い、

 

密に育てていくはなしです。

 

その時の芦田愛菜ちゃんが、お人形のようにかわいらしい登場でした。

 

そして演技においても実は、芦田愛菜さんは

 

5才の時に「Mother」のオーディションを受けています。

 

ですが年齢制限のために一度は落選してしまいます。

 

それを事務所の方針でもう一度、

 

芦田愛菜さんでもわかるような形のオーディションをしてもらい

 

この役と勝ち取っています。

 

なので、ドラマ「Mother」は、小学生が読めるくらいのセリフに設定されていましたが、

 

まだ5才だった芦田愛菜さんには、それも難しい。

 

ということでセリフも演技も5才の芦田愛菜さんで

 

演技ができるように変更がされています。

 

ということは、オーディションで芦田愛菜さんを選んだ製作者側が

 

どうしても芦田愛菜さんを起用したいほどの印象があったということですよね。

 

ドラマは、松雪泰子さんの熱演とストーリーの切なさが重なり

 

大ヒットとなり芦田愛菜という名前が全国に広がることとなりました。

 

芦田愛菜の親は?中学受験はどこ?華麗なる一族と学生生活

 

もともと芦田愛菜さんは、兵庫県西宮市出身です。

 

母親の勧めで子役を始めた時には、まだ関西で暮らしていました。

 

それがドラマのヒットなどでテレビの仕事が毎日となり、東京に引っ越すことになります。

 

芦田愛菜さんは、父親と母親との3人家族です。

 

ですが、芦田さんの親戚は関西に多く、昔でいうところの財閥である商船三井の一族です。

 

それぞれ要職に一族がなっており祖父は会長までしたほどの人だそう。

 

そして芦田愛菜さんの父親も商船三井ではありませんが、

 

都市銀大手三井住友銀行で支店長をしています。

 

一般的に銀行の支店長になるということは、同期入社の中でもほんの一握りの人材で、

 

しかも芦田愛菜さんの父親の年齢からすると、かなり早い出世です。

 

そしてここ数年は、関東圏の銀行の支店長をいつくか歴任しているので

 

一緒に生活できる環境ではないでしょうか。

 

小さな時のインタビューで「本を60冊読みます」と答えていた芦田愛菜さん。

 

その頃から大好きな読書が勉強に、セリフにと役立っていたようです。

 

芦田愛菜さんは、現在慶応大学付属中等部に通っています。

 

いわゆる「お受験」をして私立の名門中学に合格しました。

 

それも本格的に始めたのも、他の受験生よりも遅く6年生の夏くらいですから驚きです。

 

他の小学生が4年生や5年生から塾にいって必死に頑張るお受験に、

 

それまでの知識や理解力で突破し話題となりました。

 

こうして慶應大学付属中等部に入学するのですが、その他の中学も受験しています。

 

例えば桜蔭中学、女子学院、双葉、など受けた中学に全部合格しています。

 

ただ女子学院などは、芸能活動やアルバイトを禁止している学校なので、

 

そういったことも含めて慶応大学付属中に決めとのことです。

 

それでもなんとなく子役のイメージが残っているのは、

 

芦田愛菜さんが小柄で身長が150㎝ほどからきているのかもしれません。

 

最近の芦田愛菜さんの仕事は?可愛くなくなった?

 

学校生活も順調のようで、芸能活動も徐々に戻って来ています。

 

そしてこの夏に「ボケッとモンスター」のゲスト出演という形で

 

声優にもチャレンジしました。

 

その時の舞台挨拶では、斬新な朝顔の柄の浴衣を大人になってかわいらしく着こなしています。

 

時に「鼻が大きい」とのコメントもありますが、

 

大人になって、普通にきれいな顔立ちで鼻も普通です。

 

そんな本人のコメントでは「ザ・青春してる!」と言っているように、

 

これまでにできなかったような楽しい学生生活も手に入れられたようです。

 

他に受験した学校は、女子校が多いですが、慶応は共学です。

 

さらに大学付属なので、今度は受験がありませんから。

 

 

まとめ

 

中学受験が終り、のびのびと学生生活を楽しんでいる芦田愛菜さん。

 

楽しさをかみしめているかのようにブルゾンちえみさんのまねなど、

 

本当に普通の中学生の部分もあります。

 

子役から大人の女優になるには、なかなか子役の頃のイメージが抜けず、

 

大人になりきれないまま終わってしまう人もいます。

 

ですが、努力家で読書家と才女の芦田愛菜さん。

 

きっとこれからも大人になる演技を見せてくれるでしょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。