ごめん愛してる母役大竹しのぶの秘密は何?加賀美修平役六角精児に狙われる理由?

7月スタートの新ドラマごめん、愛してる」。

主演の長瀬智也さんと、今人気急上昇中の吉岡里帆さん2人のこの夏一番切ない愛の物語と注目されていますが、

長瀬智也さん演じる律と母親である大竹忍さん演じる麗子との確執なども注目されるストーリーです。

そんな長瀬智也さんの母親の麗子について、原作である韓国ドラマのネタバレにそってかいていきたいと思います。

Sponsored Link

ごめん、愛してる母麗子(大竹しのぶ)は酷い母親!

長瀬智也さん演じる主人公の岡崎律は

幼い頃に母親に捨てられて、不遇の人生を孤独に過ごしてきた人物です。

その律を幼い頃に捨てた母親が、大竹しのぶさん演じる日向麗子。

実の子供を捨てた酷い母親ですが

ストーリーが進むにつれて、さらに酷い母親だと思うエピソードが・・・

原作の韓国ドラマの展開はというと、律にあたるのがムヒョクで、母親の麗子にあたるのがドゥリ

ムヒョク(律)は、幼い頃に母親に捨てられて、ずっと裏社会でチンピラとして生きてきました。

そんなムヒョク(律)は、かつての恋人であるジヨンの結婚式でジヨンも守るために銃弾を浴び、

その怪我が原因でいつ死んでもおかしくない身体になってしまいます。

そんな身体になったムヒョク(律)は

死ぬ前に母親に親孝行がしたいという思いから自分の母親を探すことにします。

ムヒョク(律)は、すぐに母親を探すし出すことが出来ました。

でも、ムヒョク(律)が目にしたのは、豪邸で一人息子のユン(サトル)を溺愛し、

一身に愛情を注いで幸せそうにしている母、ドゥリ(麗子)の姿です。

自分を捨てた母は、経済的に困り自分を捨てたと思い、自分にもそう言い聞かせて生きてきたのに、

豪邸で何不自由なく息子を可愛がり暮らしている姿を見たムヒョク(律)はショックを受けて

母親への慕みの心と、憎しみの心が葛藤しますが、2人に復讐をすると決意します。

ここまでの展開は、ほぼ日本版も同じになると思います。

日本版でのごめん、愛してるでは、律は長瀬智也さん、麗子は大竹しのぶさんが演じます。

そして、その麗子の愛情を一身に受けて育ったのが、坂口健太郎さん演じる息子のサトルです。

韓国版では、ユンは人気歌手ですが、日本版ではサトルは世界にも認められる人気のピアニストになっています。

子供を捨てた母親が他の子供の事は愛情を注いで育てているんですから、こんな酷い話ありませんよね。

でも、さらに酷いと思わせる展開が・・・・

ドゥリ(麗子)と、ユン(サトル)に復讐を誓ったムヒョク(律)は

2人に近づき、ユン(サトル)のボディーガードになります。

そしてユン(サトル)は、交通事故がきっかけでもともとも弱かった心臓が危ない状態になり余命宣告までされてしまいます。

ドゥリ(麗子)は、悲しみ取り乱しますが、ムヒョク(律)の余命が近いことを知って、

それまで冷たく接していたムヒョク(律)に優しく親切にします。

それは、ユン(サトル)のためにムヒョク(律)の心臓を欲しがっていたからです。

怖い。人間の考えることって怖いですよね。。

他人の死を願っているともとれますからね。

いくら自分の子供を助けたいからといってもな~。

ドゥリ(麗子)はムヒョク(律)が自分の息子だとはわかっていません。

でも、ムヒョク(律)は、自分に親切にしてくれるドゥリ(麗子)の狙いが自分の心臓だと知って

ショックで絶望し、言いようのない怒りが湧いてきます。

ムヒョク(律)は、母親が優しくしてくれるのが嬉しかったんですよね。

それが、自分の心臓を狙っていたなんて知ったらショックでしかありません。

ドゥリ(麗子)は、韓国ドラマに必ずといっていいほど登場する悪役の母親ですね。

そんな母親を大竹しのぶさんが演じるので、かなり見ごたえがありそうです。

 

ゴシップ記者、加賀美修平(六角精児)がヤバイ?

酷い母親のドゥリ(麗子)は、女優です。

そのドゥリを狙うゴシップ記者ヒョンソク(加賀美)を日本版では六角精児さんが演じます。

日本版では、母親の麗子はピアニストになっていますね。

ゴシップ記者、加賀美は麗子の秘密を握っています。

麗子に恨みを持って律に近づくので、同じく麗子に復讐をしたい律と目的は同じですね。

この2人が手を組むのか、加賀美は麗子になぜ恨みを持っているのか、なにを狙っているのかが気になりますね。

演じるのが六角精児さんなので、怖いですよね~。

大竹しのぶさんとの共演も楽しみです!

狙われる理由が分かり次第追記しますね!

律【長瀬智也】と吉岡里帆【三田凜華】が最終回で死にオチ?原作からネタバレ!

2017.07.06

 

ごめん、愛してる母麗子(大竹しのぶ)の秘密は何?

自分の息子を捨てて、自分の愛情を注ぐ息子のために律の心臓を狙う酷い母親の麗子。

韓国版の母親ドゥリ(麗子)には、大きな秘密があります。

その秘密とは、愛情を注いでいる息子のユン(サトル)は自分の息子ではないということ。

ユン(サトル)は、実はドゥリ(麗子)の養子だったんですね。

あと、もう一つの秘密。

それはムヒョク(律)の父親。

ムヒョク(律)の父親は、既婚者でありドゥリ(麗子)は不倫相手だったんですね。

その不倫の末妊娠したのが、ムヒョク(律)だったんです。

韓国版の母親、ドゥリ(麗子)は女優なのでこのスキャンダルはかなりの痛手。

それを心配した付き人が、ムヒョク(律)を勝手に捨てたというのが真相でした。

かなりの秘密ですよね。

ドゥリ(麗子)は、自分の息子は死んだと聞かされていたので

最後の最後までムヒョク(律)が自分の息子だと知りません。

ユン(サトル)に一身に愛情を注いでいたのも

自分がなくしてしまった子供の代わりに愛情を注いでいたんです。

かなり切ないですよね。

鬼のように思えるドゥリ(麗子)もいろいろな思いを抱えていたんですね。

このあたりの母親の心情を大竹しのぶさんが演じるのは楽しみですね。

ごめん愛してる母【大竹しのぶ】と律【長瀬智也】はどうなる?最終回の原作ネタバレ

2017.07.06

最終回で律(長瀬智也)はサトル(坂口健太郎)に心臓をあげる?原作からネタバレ!

2017.07.09

 

まとめ

この夏一番切ない愛の物語といわれる「ごめん、愛してる」。

長瀬智也さん演じる律と、吉岡里帆さん演じる凜華との切ない愛の物語だと思いますが、

親子の切ない愛の物語でもあります。

日本版ではどんな展開になるのか注目ですね。

ごめん愛してるの魚【子役】は大智で何歳?出演作や演技は上手い下手どっち?

2017.07.01

ごめん愛してるの最終回ラストのネタバレ!韓国ドラマの結末はバッドエンド?

2017.07.04

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。