律【長瀬智也】と吉岡里帆【三田凜華】が最終回で死にオチ?原作からネタバレ!

7月スタートの新ドラマ、ごめん、愛してる」。

長瀬智也さんが20年ぶりのラブストーリーの主演、そしてヒロインには今人気急上昇中の若手女優、吉岡里帆さん。

そんな2人が織り成す、この夏一番切ないラブストーリーの原作は、韓国ドラマ。

あの社会現象を巻き起こした「冬のソナタ」を凌ぐヒットを記録したドラマの日本リメイクとあって、かなり期待が高まっています。

そんな、「ごめん、愛してる」の気になるストーリーを韓国版のネタバレとともにかいていきたいと思います。

 

ごめん、愛してる凜華(吉岡里帆)と律(長瀬智也)との関係

ストーリーの中心となるのが、長瀬智也さん演じる律と、吉岡里帆さん演じる凜華の恋の行方。

まず、2人が演じる役柄ですが、

長瀬智也さん演じるのが、岡崎律。

律は、幼い頃に、母親に捨てられてそれ以来不遇の環境の中過ごしてきた人物です。

気性は荒いけれど、根は優しく人間的に温かみを持っています。

ある事件に巻き込まれてしまったことで、いつ死んでしまってもおかしくないという身体になってしまい、

死ぬ前に実の母に親孝行をしたいと思い、母親を探すことにします。

そして、そんな不遇の人生を送ってきた、律と出会うのが、吉岡里帆さん演じる三田凜華

純粋で、愛情深い人物。坂口健太郎さん演じるサトルのスタイリストであり、幼馴染。

凜華はサトルに思いを寄せているが、その思いはサトルには届かずに寂しい思いをしていた。

そんな律と凜華は、運命的な出会いをします。

その出会いとは、公式サイトによりますと、凜華のことを律が助けるとなっています。

韓国版で、この2人にあたる2人はどのようにして出会うのかというと、

ウンチェ(凜華)が幼馴染の人気歌手ユン(サトル)のスタイリストをしていて、

オーストラリアにやってきたときに帰国の途中に強盗に遭ってしまいます。

途方にくれているウンチェ(凜華)がムヒョク(律)に助けられるという出会い。

のちに、この出会いが運命の出会いになるんですね~。

韓国版でも、凜華にあたるヒロインのウンチェ(凜華)は、

幼馴染の人気歌手ユン(サトル)のスタイリストをしていて、そのユンに思いを寄せています。

日本版では、この幼馴染は坂口健太郎さん演じるサトルで、

サトルは人気歌手ではなく、人気ピアニストとなっています。

公式サイトの予告動画を見る限り、凜華は韓国で律に助けてもらうようですね。

韓国とオーストラリアで国は違いますが、異国の地で運命的な出会いをし、

帰国してからまた再会を果たすというストーリーは原作と同じですね。

Sponsored Link

ごめん、愛してる最終回凜華(吉岡里帆)と律(長瀬智也)はどうなる?

運命的な出会いをして、思いを寄せ合うようになった2人の最後が気になりますよね~!!

ムヒョク(律)は、ユン(サトル)に近づいていったことで、ウンチェ(凜華)とも知り合うようになります。

最初はなんとも思っていなかったのに、その純粋さに惹かれていきます。

そんなウンチェ(凜華)もムヒョク(律)に引かれていき、二人は愛し合うまでになりますが、

ムヒョク(律)は、事件に巻き込まれたときに負った頭の怪我で余命が少ない身体。

そのことから、ウンチェ(凜華)と一緒にいないほうが良いと考え、そんなふうに悩むムヒョク(律)の姿を見てウンチェは、

ムヒョク(律)のために姿を消します。ウンチェ(凜華)の「ごめん、愛してる」の言葉が残されていました。

そして、ムヒョク(律)が母親との幸せな時間を過ごしたあと、ウンチェ(凜華)に電話をします。

ムヒョク(律)はウンチェ(凜華)に「ごめん、愛してる」と伝えたあとにバイクの運転中意識を失ってそのまま死んでしまいます。

一年後、ムヒョク(律)との思い出の地を巡っていたウンチェ(凜華)。

最後に辿り着いたのは、ムヒョク(律)のお墓。

そこで、ウンチェ(凜華)は自ら命を絶ってしまいます

という、まさかのヒロインが自殺をするというバッドエンドを迎えた韓国版「ごめん、愛してる」。

日本のドラマでは、最近こんなバッドエンドは見ることがないですが、

韓国ドラマってこういうラストが割と多い(笑)

ごめん、愛してるの日本版ではどんなラストになるのか気になりますが、

長瀬智也さん演じる律は最終的には死ぬと思います。

話の最初のほうで、事件に巻き込まれてしまい、頭に致命傷を負います。

そして、母親の愛情を受けて育ったサトルは、心臓に病を抱えていてこちらも余命宣告を受けてしまいます。

そんなサトルの心臓となるのが、律なんですね。

なので、律が死んでしまう可能性はかなり高いと思います。

問題は、ヒロインの凜華が最後に自殺をしてしまうのかという点ですね。

原作では、律にあたるムヒョクをまた孤独にはできないと思い、後を追って自殺をします。

切ない理由ですよね。

最後に会う事もなく、電話で「ごめん、愛してる」という言葉を伝えてそのまま死んでしまうという展開もかなりせつないし辛い。

凜華も、愛情深い人物とされていますし、最後も原作通りになる可能性が高いんじゃないかな~と思います。

ここで、凜華だけ生きていくというのも、なんだか違うような気もします!

賛否両論あった、バッドエンドですから、日本版の最終回はどうなるのかかなり注目です!!

ごめん愛してるの最終回ラストのネタバレ!韓国ドラマの結末はバッドエンド?

2017.07.04

Sponsored Link

まとめ

長瀬智也さんと吉岡里帆さんが織り成す、この夏一番切ないラブストーリー。

原作は韓国ドラマだけあってかなり濃厚で重たい人間ドラマになっていると思います。

次々起こる展開と、最終回でのバッドエンドは日本版では一体どうなるか、今から楽しみです!!

ごめん愛してるの魚【子役】は大智で何歳?出演作や演技は上手い下手どっち?

2017.07.01

ごめん愛してる母【大竹しのぶ】と律【長瀬智也】はどうなる?最終回の原作ネタバレ

2017.07.06

韓国版『ごめん、愛してる』を無料で見るにはdtvという動画配信サービスがお勧めです!

月に500円で動画が見放題という点でもかなりお得ですが、なんと31日間は無料トライアルを実施中!

31日間の間に前話見て解約すれば料金はかかりません。

でも、月に500円で見放題は他の動画配信サービスよりかなり良心的ですよね!

気になった人はこちらからdtvに移動できます^^

⇒dtvで『ごめん、愛してる』韓国版を見てみる♪

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。