母になる7話大塚寧々が怪しいしまたネグレクト?結衣のかわいそう発言もイラつく!

小池栄子さん演じる門倉麻子の生い立ちがわかった6話。

今回は、そんな門倉麻子とわかりあえるはずと言って、結衣と門倉麻子が話し合うというところから7話がスタートしました。

結衣と門倉麻子はわかりあえるのか、木野の110円の謎に関係している大塚寧々さん役どころも考察していきたいと思います。

 

結衣のかわいそう発言にイラつく

門倉麻子を家に招いた結衣。

コウが誘拐されてからの結衣があってきた酷い出来事もわかりました。

被害者である結衣がバッシングされるとは、本当に怖い世の中です。

一日だけ、同窓会に行っただけでネグレクト、酷い母親。

子供が誘拐されたから金をもらいなんて酷いなど。

ネットを見ていると、事件の真相を知らない第三者が無責任な発言をしていますよね。

本当にリアルだな~と思いました。

 

そんな結衣に対し、最初は謝っていた麻子だったけど、結衣の一言で表情が変わります。

「子供ができなくてかわいそうに」これは、言ってはいけない一言でしたね。

麻子が一番言われたくない言葉ですよね。

母になる。。。可哀想って上から目線(本人はそう感じたんだろう)で言われたのが地雷だったのかな。

可哀想、は確かに地雷やった。 絶対言うたらあかんやつ。
見下された(と感じた)時点で、人は相手に敵対心しか持たない…。
ゆいは、つらかったねって意味で言ったのはわかるけども言葉のチョイス間違ってしまったね。

(そこまで世論で追い詰められて)かわいそうに… と言ったのかもね
相手がもうまともじゃないとか余裕ないとかで何でも悪意にとられることあるから

でも、子供産めなかった人に、かわいそうにって言葉もかなり良くない。
お互いに言ってはいけない言葉が横行して大喧嘩…ドラマじゃなくてもよくあるよね…

門倉麻子腹立つけど、ユイの一言もないな。産めなくて可哀想って…。
門倉麻子抜きにして、それこそあなたに何がわかるの?だよ。

引用:Twitter

生みたかったのに生めなかったんだから可哀想と思い、麻子に言ったんだと思いますが言ってはいけない一言でした。

その発言はダメだよ。と思いつつ、結衣ってこんな人の気持ちがわからないようなこと言うかな?と思いましたが、

ドラマが進んでいくと、結衣が可哀想といった理由もわかる気が。

きっと、コウが誘拐されたころは、結衣は世間から「可哀想」といわれていたと思います。

そこからバッシングされるようになり、あることないことを言われるようになった。

でも、結衣はなにを言われてもどうでも良かったんですよね。

本当に。誰に何を言われても、気にならなかった、どうでも良かった。

心の中はコウが生きていることを願っていたから。この一つに尽きると思います。

コウが生きていて欲しい」このたった一つの願いをい強く思い続けていたことで、

「可哀想」という言葉に鈍感になってしまったのかな?と思います。

ネットでは、この結衣の言葉にイラつといった意見もありました。

やはり、「可哀想」という言葉はそんなつもりがなくても見下されていると感じてしまったりしまいますね。

子供を生めなかった人の気持ちのすべてを、子供を生むことができた人がわかるというのは無理なんですよね。

逆に、自分が生んだ子供を誘拐された結衣の気持ちは誰にもわかるはずがないと思います。

結衣は、言っちゃいけない言葉を言いましたが、やはり結衣が母親です。

麻子は、コウを手に入れたときに一番嬉しかったことは、子供を生まないのかといわれなくなったことと話しています。

ここには、びっくりしましたね。そこなんだ。と。

ここで、やはり、結衣、本当の母親との違いが明らかになりました。

結衣は、周りになにを言われてもどうでもよかった。コウさえ生きていれば。

でも、麻子がコウといて一番嬉しかったのは、まわりになにも言われなくなったこと。

かなり対照的に描かれています。

でも、そこまで追い詰められていたということですよね。

麻子のように周りの人から、社会から子供を生まないことで追い詰められている女性はたくさんいると思います。

その気持ちのすべてがわからないように、

子供を生んで、なによりも大切に思う母親の気持ちすべてがわかる人はいないと思います。

同じ女性なのに、悲しい現実ですね。

リアルでも、ここの隔たりは大きいと思います。

清原果耶が芦田愛菜にそっくりで似てる?本名や兄弟姉妹の家族構成も気になる!

2017.06.02

Sponsored Link

大塚寧々が柏崎オートにきた狙いは?

 

今回、一話から謎だった木野の110円の謎が明らかになりましたね。

柏崎オートにやってきた大塚寧々さん演じる愛美。

愛美は、木野の子供の頃に亡くなってしまった友達の母親でした。

車が故障したので、柏崎オートにきたんでしょうが、代車をいらないと言ったり、なにか怪しい雰囲気なような。。。

柏崎オートって最近また再開したんですよね。

わざわざ、そんな車屋に来るか?と思いまして、公式サイトを見てみると、愛美は柏崎オートに一連の事件の取材目的で近づいとあります。

えー!!とかなりびっくりしてしまいました。なんつー、女だ。。。

さすがに、その展開は想像していなかったです。

大塚寧々さんだし、ちょっと重要な役どころかな?とは思っていまいしたがここまでとは。

母になるナウ先輩の母親役は元ICONIQの伊藤ゆみ?ツーオクはワンオクにかけてる?

2017.05.12

母になる小池栄子【門倉麻子】は誰を殺した?柏崎オートで働く目的も!

2017.05.11

Sponsored Link

大塚寧々はまた育児放棄中?

 

取材目的で近づいてきたのも気になりますが、次回予告で気になったのが、

またネグレクトをしているというところ。

一度、ネグレクトをしていたせいで、子供の異変に気付かず死なせてしまったという過去があるのに、

またネグレクトをしているとは・・・

本当に酷い母親なんですが。。

木野も、やりきれませんよね。

木野は、110円を肌身離さず持っているほどかんちゃんの事を忘れられず、

あのとき自分が止めていればと後悔しているのに、母親である愛美がまたネグレクトを繰り返しているとは。

木野が、愛美と向き合うことで、かんちゃんの事件を自分の中で消化することが出来るのかもしれませんね。

母になる最終回結末のネタバレ予測!結衣と門倉麻子は分かり合える?

2017.05.18

Sponsored Link

まとめ

 

子供を生めなかったけどコウを手に入れたことで、母親になることができたと思う麻子。

ネグレクト繰り返えしてしまう愛美。

自分の子供がいない間も無事を祈り、ずっと母親であった結衣。

それぞれ、いろんな母親の形がありますが、世間が思う「母親」の形を世間が押し付けていると思います。

男性からも同じ女性からも。

子供を生めないことで悩んでいる女性も、母親である女性もやりきれない気持ちがあるということがこのドラマでわかりますね。

母になるの後半に突入し、これからどうなっていくのか、

結衣、麻子、コウのまわりが不穏な空気になってきているのも気になります。

母になる道枝駿佑【みっちー】が息子役でイケメンでかっこいい!最後の間は何?

2017.04.18

母になる門倉【小池栄子】の罪は戸籍売買で刑務所?広はなぜ福祉施設に?

2017.04.13

母になる木野愁平役の中島裕翔の110円の意味が謎?昔置き去りにされた伏線?【1話】

2017.04.13

母になる子役の演技が下手で棒読み?吉武歓プロフィールや過去の出演作は?

2017.04.13

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。