花のち晴れドラマ5話ネタバレ!メグリンとは?焦り始める天馬!愛の告白!

花のち晴れもいよいよ5話に入り、ストーリーの展開があらゆる可能性を帯びてきました。

そんな中、登場人物があらたに加わり、どうやら新しい話の方向へ向かいそうです。

そんな5話をご紹介します。

Sponsored Link

新しい登場人物メグリンこと飯豊まりえ

4話の最後のシーンで、愛莉(今田美桜)が誘って音ちゃんを華道パーティーに連れ出す場面があります。

その時に、ほんの少しだけ登場した西留めぐみ:メグリン(飯豊まりえ)。

メグリンはかなりの人気モデルで、前話で、あの死ぬほど頑張った

バッティングセンターでの景品の「抱き枕」にプリントされているような有名なモデルさん。

でもそんなメグリンがいくら人気モデルと言っても

セレブ中のセレブのパーティーである一茶の華道パフォーマンスに招待されることって、

不思議に思いませんでしたか?

そうなのです。

またまたメグリンも実はお金持ちの家の娘。

しかもそれ以外にも人気モデルという役柄でした。

そこで偶然に出くわす神楽木晴(平野紫耀)に一目ぼれします。

さらに温泉での遭遇などもありメグリンは自分が神楽木に惹かれていることに気が付きます。

ですが、音のことで頭が一杯な神楽木には、

つきまとう変な女の子としか見えないまま話は進んでいきます。

焦り始めた天馬くん

よく「女の勘」という言葉を使いますが、

きっと男性にも「男の勘」というものが存在するのではないでしょうか?

なんとなく音ちゃんと神楽木の関係を不安に思い始めた天馬くんが、

いままでになく実際の行動に移しだします。

メグリンの神楽木に対する物怖じしないグイグイ行くタイプに押され気味の神楽木を見て、

いつしか複雑な心境になり始めている音ちゃん。

もちろん神楽木には音しか見えていません。

しかしこのまま行くと押し切ってしまいそうな二人を見て、音ちゃんの心は複雑です。

真面目な音ちゃんには、自分のこころの動揺の意味がわかっていません。

みてただイライラして、自分の気持ちに気が付かない。

そんな時に天馬くんが突然現れます。

それは、天馬くんの継母がわざと江戸川家に送り付けた写真のことでした。

ただそこに映っていたのは、神楽木との親密そうな音ちゃんの姿。

きっと冷静な天馬くんでも心が穏やかではいられなかったのでしょう。

そうして夜に家を抜け出して音ちゃんのアパートへ。

天馬くんは、次のデートに誘います。

音ちゃんは、親同士の決めた単なる婚約者としか見てこなかった面があります。

しかし天馬くんにとって音ちゃんは、ずっと思い続けている初恋の人。

そんな音ちゃんとの結婚を目標に真面目にすべてに努力しこれまでやってきました。

その想いが今揺るぎ始めていると繊細な天馬君が直感的に感じたのでしょう。

いつもなら親同士が決めたように

月の第4週の日曜日だけがデートの日になっていたにもかかわらず、

音ちゃんと水族館に行くことに。

 

音と天馬のデートにいきなりメグリン登場!?

音ちゃんにとって楽しいはずのデートに、いきなりメグリンも登場します。

メグリンは、PRのイベントとして参加していたのですが、メグリンがいることで気分の悪い音ちゃん。

そんな中、もう一人、どうにもならない自分に悩んでいる自分物がいます。

それが神楽木晴です。

神楽木は、英徳の入学人数を上げるために

神楽木にぞっこんのメグリンと付き合うようにC5から強制されます。

もちろん愛莉ちゃんは別です。

でもとっくに好きになっている音ちゃんのことを諦めきれない。

答えの出ない時間が経ちます。

そんな時間にいきなりメグリンが神楽木のもとにやってくるのです。

メグリンもやはり箱入りのお嬢様。

これまで好きになった人も付き合ったこともない一途なタイプ。

ですが、神楽木はそんなメグリンを見て自分の気持ちを確信します。

そして神楽木は音ちゃんのもとへ。

走って走ってたどり着いた先に、音ちゃんと天馬くんがいました。

運悪く、ここで音ちゃんと天馬くんが二人の気持ちを確認している場面に遭遇します。

まとめ

まだまだ明らかになっていない点が多い中、恋の行方も3人から4人に増えてしまっています。

しかも今回一茶がC5らしいといえば、らしい出番がありましたが、

それでもC5の存在感もまだまだ出てきていません。

最終的には神楽木と音ちゃんが結ばれるのだと想定しているのですが、

そうするとあれだけ紳士な天馬くんがかわいそうになります。

しかも継母の高岡早紀さんが行動に移しだしたことからも、そのあたりの理由もわかってくるでしょう。

そして今回登場してきた、メグリンこと飯豊まりえさんも

あの雰囲気からすると、これまでのようにただ邪魔をしたり引き裂いたりするタイプの女の子ではなく、

かなり純情で一途な感じが見え隠れします。

なので、そういったタイプがどう神楽木に近づいていくのかも気になる今後です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。