あなたのことはそれほど4巻原作ネタバレ・感想!妊娠と涼太の異常な愛を考察!

火曜10時TBS系で実写化ドラマが放送される「あなたのことはそれほど」

こちらは原作コミックの4巻ネタバレと感想と考察です。

3巻では有島と美都の関係が終わりましたね。

涼太の異常な愛情や、麗華と有島の関係も気になります。

このままドロドロ不倫は収束していくのか?

さらに泥沼化していくのか?

そんな続きが気になるあなたのことはそれほどの4巻のネタバレです。

ここからネタバレになりますのでご注意ください。

あなたのことはそれほど3巻原作ネタバレと感想はこちらから↓

あなたのことはそれほど3巻原作ネタバレ・感想!昼顔より怖い不倫を考察!

2017.04.04

Sponsored Link

 

section15

 

母親のスナックにいる美都を迎えにきた涼太と占いにやってきた美都。

占いに気が乗らない涼太。

「二人の相性はまずまずってとこだね」
「まずまず?いいんですか?悪いんですか?」
「結びつきは強いよ」
「それは別れられないってことですよね」

占いを渋ってたわりに占い師の言葉に食いつく涼太(笑)

藁にもすがる思いって感じ?辛…。

しかし…「心が辛くなってる 行き詰ってる」
と言われ涼太は怒って出て行ってしまう。

次は姓名判断に。

最強だよ。なにをやったってうまくいく。健康も問題ないし人気者。
配偶者にも恵まれていいことだらけと絶賛される名前は…

涼太が書いた有島光軌の名前。

「バカバカしい」美都を連れて出て行く涼太に
まだ占いをしてもらおうという美都。

「みっちゃん!」
(あ 懐かしいにおい 二番目に好きだった人のにおい)
涼太が美都を抱きしめます。

「離婚してください」
「とりあえず…家に帰って話し合おう」

うーん。もうこの夫婦は終わってるよな~。
必死な涼太が見てられませんな。

涼太…気付いて…(T_T)

Sponsored Link

section16

麗華がスーパーで買い物をしていると、同じマンションに越してきたという赤ちゃん連れの女性に声をかけられる。

「わたしとお友達になってくれますか?」

そんな話をさりげなくしながら

「お友達といえば同級生のワタナベさんは最近どうしてるの?」

っと麗華。

やっぱり気になってる…

「知らない」という有島に

美容院にいっておしゃれして二人でどこか食事でもいきたいと言う。

それを聞いて喜ぶ有島。

「なんで光軌が嬉しそうなの?」と言う麗華の頭をよしよしと有島は撫でます。
「…バカね」

麗華は、後ろめたい気持ちがある有島の心苦しさから
麗華からお願いを喜んでるのに気づいてますね~

何を考えているのか分からないところが怖い。

でも、麗華が一番常識的で冷静です。それがこの先どうなるのか…

 

腐ったワインのにおいがする

涼太と家に帰宅した美都。
自分でワインをぶちまけたという涼太。
寝室に行くと、ビールをこぼしたという。明日洗うという美都に
明日もいてくれるんだねと言う涼太。
有島の母と妹に亜胡を預けて出かけようとしているところに、
スーパーで会った女性が尋ねてくる。
「クッキー焼いたんでおすそ分けです」
そのクッキーは、お店で買ったものをラッピングしなおしたものでした。

ええええ!!なにがしたいんだろう?この奥さんは。違う意味で怖いよー!

有島とおしゃれな焼肉屋で食事をする麗華。
有島は母と妹に預けた亜胡が心配になります。
「肉食ってるだけなのに悪いことしている気になるな」
「男の人は悪いことが好きだものね」

麗華さん、相変わらず一言が怖い~!

有島が普段行くお店に連れてってほしいと言う麗華。
「見え張った」と有島は高いバーラウンジに連れて行きます。
「あなたと結婚しなかったらこんな所一生来なかっただろうな」

自分が結婚して子供を生んだり平穏な家庭を築けると思ってなかった。
亜胡がいて幸せ 亜胡をくれてありがとうと言う麗華に戸惑う有島。

お礼を言う麗華。

「なんでそんな話ばっかりする?」
「幸せだからよ あなたはなぜ泣きそうな顔をしているの?なにが辛いの?」

と聞く麗華に
「バカだった…軽いノリと 昔の…思い出と」と、美都のことを話してしまう有島。

懺悔をする有島の言葉をさえぎる麗華。

「光軌 なんの話?」
「え…え?」驚く有島。
「何を言ってるの?バカね」

麗華は自分が知っているのは
“ワタナベ”という女が尋ねてきたこと
日を置いて現れた男も“ワタナベ”だったこと
有島が聞かれたら困ることを聞くとフリーズするということだけだと言う。

「―――帰りましょう 亜胡が待ってる」

麗華に感謝され、罪悪感から浮気をゲロっちゃう有島。

バカね~。自分からバラすぐらいなら最初からするな!

麗華はやはり、怖いですね~。

罪悪感から告白してしまう有島の話は知らないと線を引きます。

謝ることもさせてくれない麗華。

ちょこちょこ攻撃をしてきますが、肝心なところで知らないと言うんだから怖いー!

家に帰り、泣いている亜胡を有島が抱いてあやしていると、

麗華が有島から亜胡を取り上げ、「手を洗ってください」と言い放ちます。

ショックを受ける有島。

これ、いろんな意味が含まれるね…。

知らないと言った麗華だけど、実際有島がバラしたことで決定的になってしまったわけだし
有島に嫌悪感を持って娘に触られたくないと思うのは当たり前ですね~。

でも、この麗華の態度はかなりショックを受けますね。浮気した有島が悪いんだけどね。

離婚届けを前にする美都と涼太。

「離婚してまた1からやり直すことも可能だよね」
「1%の確立でね」

うーん。美都と涼太の夫婦はいよいよ離婚するのかなー?

すんなり離婚できそうにもないけどね~笑

Sponsored Link

section17

 

アパートを探している美都。

涼太は離婚届けにまだ“さんずい”しか記入してくれない。

「ねぇ私がソファでいいよ」
「なにいってんの!こんな汚れたところにみっちゃんを寝かせられないよ」

(この人はなぜ今でもこんなことを言えるのかわからない)

涼太は本当に美都を大事にしてますね~。

浮気が分かったあともこの態度。

美都の立場なら確かに重いし気持ち悪いのかな~

職場の後輩を呑みに誘う有島。

浮気の事を自分からゲロったことを話します。

「許してもらえるとでも思ったんですか?」
「いやぁそこがね 千葉君 女の怖いところだよ
…バイキンかよ」

麗華の態度を思い出して落ち込む有島。

こっちをガン見している女がいると後輩に言われてみるとそこには美都の友達の香子が。

帰宅した美都は離婚届けを書いたか涼太に尋ねます。

[渡辺涼犬]点を打つところを間違えたという涼太。

そんな涼太に美都は妊娠したかもしれないと告げます。

「忘れてたんだけど生理ない」
「忘れるもんなの? いつから?」
「…言っていいの?」

美都の言葉に、美都が妊娠しているかも知れない子供の父親は有島だということに気づく涼太。

悲惨すぎるよー!!

離婚届けに向かう涼太。

これでもうさすがに離婚するだろうと美都は思いましたが…

涼太は離婚届けを破り、有島と美都の子供を自分の子供として育てると言う。

香子が有島に美都の旦那と連絡が取れないという。

美都のことも心配で涼太に電話をしたけど繋がらない。

「知るかよ」という有島に香子は「あんたのせいでしょ」と怒ります。

香子にとって涼太はいい人でも、人にとってもいい人ではないだろと話す有島。

「俺はあいつの旦那はこわいよ」

有島との子供を愛情を持って育てられるという涼太に愕然とする美都。

確かに涼太の愛情は怖いな~。

普通、自分の奥さんの不倫相手との子供を育てようとは思わないよね。

どこまでも美都を愛していくという言葉の通りになってますね。

⇒次ページに続く!!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。