高嶺の花ドラマ1話ネタバレあらすじ感想!久しぶりの王道的恋愛ドラマ【高嶺の花ネタバレ】

前回の主演ドラマも大ヒットして、近頃ノリにのっている女優さんといえば、

 

石原さとみさんでしょうか。

 

その石原さとみさんが夏ドラマに戻ってきました。

 

タイトルは、「高嶺の花」です。

 

もうその言葉だけでも石原さとみさんにはぴったりですが、

 

そのドラマが日本テレビ系列で7月11日にスタートしました。

 

いわゆる番宣というもので、石原さとみさんの和装がよく宣伝にも使われていたので

 

見たことがある人も多いのではありませんか。

 

その際に2,3着ではありますが

 

「女優さんでもこれだけキレイに着物を着こなせる人ってそうはいないなあ」と

 

さすがとしか思えない、そして風格さえ備えたとにかく美しい姿がありました。

 

そのドラマがスタートすると、物語そのものがとにかくおもしろい。

 

そして

 

石原さとみさんのくるくるとかわる表情にあっという間に引き込まれていきます。

 

そんな今回の「高嶺の花」をお話します。

 

Sponsored Link

ドラマ「高嶺の花」は恋の王道。だって脚本は野島伸司!

 

なんだかすごく似ている感じのドラマを思い出します。

 

もちろんそのドラマを見ていた人は、今の若者ではなく、

 

その当時を振り返るといった空気を感じる人ということなのですが。

 

そうです。このドラマの脚本は野島伸司さん。

 

「あー!」と思う人は、これまでも何回ともなく

 

野島伸司さんのドラマを見て来た人達ではないでしょうか?

 

野島伸司さんの脚本で話が作られると、

 

話しの展開がその登場人物の心の動きを細かく描写し、

 

その中から次の道に繋がって行くような流れになります。

 

最初の峯田和伸さん演じる風間直人さんとの出会いのシーンから

 

すでに、何か二人に起こると思わせます。

 

この辺りは、その昔の昔に、これも大ヒットとなった

 

「101回目のプロポーズ」と二人の関係性が似ています。

 

自分には絶対に手の届かないような「高嶺の花」である石原さとみさんと、

 

さえない自転車屋の店主の峯田和伸さん。

 

この時点で二人の間に「意識」は生まれていません。

 

そのことをこのドラマでは、かなりわかりやすく、

 

しかも登場人物の家元などがさらっと言ってしまうところに、

 

そうは行かない続きがあることを示しています。

 

そして石原さとみさんも峯田和伸さんにも何か「含み」があることを

 

そこでフックのようにかけて行きます。

 

こうして最初が始まっていきます。

 

人の心を癒すのも人

 

あんなに美しい花嫁を置いて逃げてしまった彼氏を

 

きっぱりと振り切れない月島もも(石原さとみ)さん。

 

そこには、ももが育ってきた生い立ちも関係しているようです。

 

一緒に暮らす妹の月島なな(芳根京子)さんとは、母親が違います。

 

家元(小日向文世)の側にいる女性は継母です。

 

なので、ももとななは継母姉妹ということになります。

 

でも二人の関係は良好で、どちらかというと圧倒的才能に満ちた姉を妹が慕うような感じでいます。

 

ですが、継母にとっては、華道の家元を継いでもらいたいのは、やはりななの方です。

 

そうした継母と絶大なる力を持つ家元の間で、ももが、

 

やっとみつけたやすらぎの場が婚約者の吉池(三浦貴大)でした。

 

ようやく心に平和がやってくると思った瞬間にその想いは壊れます。

 

吉池が結婚式当日に破談を申しだします。

 

というのも吉池には、もう一人彼女がいて、その彼女が妊娠してしまい、

 

どうしても別れることができずにこの日まで来てしまったからです。

 

重いショックを受け、それでも吉池を忘れられないももには、

 

きっと誰一人として自分に絶対の愛を注いでくれる人間がいなかったからでしょう。

 

そうした中で、

 

「もしかしたら、もしかしたらまだ自分のことを愛してくれているのではないか?」

 

とつきまとってしまいます。

 

その度に警察の厄介になってしまうのですが、

 

そこでつきまといに使った自転車が大破してしまいます。

 

そこで訪れた街のすさんだある一軒の自転車屋さんに峯田和伸さんがいます。

 

登場してきた時の表情の、ぼーっとしたさえない中年そのものですが、

 

彼がのちにもものすさんだ心を満たす存在になっていくようです。

 

人はやさしい

 

自転車屋の店主の峯田和伸さんが、ずっとこの年齢まで独身でいたのには理由がありました。

 

それは作業場に響く風鈴の音色でわかります。

 

ずっと寝たきりの峯田和伸の母親が2階にいて、

 

何か用事がある時にその呼び鈴で合図をするのです。

 

そんな長い介護の生活があり、峯田和伸はずっと独身のままこの年齢まできてしまっていました。

 

ですが、母親を介護施設に預けることもなく、

 

たった一人で母親の介護を続けて来た峯田和伸ですが、

 

ついに別れがやってきます。

 

母親を見送り、一人にはなりましたが、

 

峯田和伸さんには昔ながらの幼馴染がいて、

 

適当なことを言っているようなメンバーですが、

 

いつも仲間として見守ってもくれてもいました。

 

そんなあたたかい人達の中になぜか自然に溶け込んでいるももがいます。

 

商店街のメンバーたちは、ももの素性をしりませんから、

 

普通の「女の子」として自然に接します。

 

その時に、ももが安心したのか、自分のこれまでの不幸話をするシーンがあります。

 

そこでのももは、とにかく素直で自然です。

 

お嬢様と知っていたらひっくり返るほどの汚い言葉遣いもして毒を吐きまくります。

 

自暴自棄になっているももに対してやさしいメンバー。

 

酔いつぶれて朝起きた時に食べさせてもらったお味噌汁。

 

自然な人のやさしさに触れて、ももはこれから変わっていくはずです。

 

最後に

 

石原さとみさんが家元としてスイッチが入る時、その凛とした立ち振る舞いに息を飲みます。

 

ですがまだまだ家元(小日向文世)の策略や、なんとなく女々しい三浦貴大の存在もあります。

 

そんな「高嶺の花」は、まだまだ出てきていない「問題」がたくさんありそうです。

 

それを1つ1つ楽しみに見て行きましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。